<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ムーンコンサートTVでも~♪

c0072432_23391622.jpg

バレンタインディーに開催したムーンコンサートの冬バージョン

参加者は8名+出演者3名と月の美術館のスペースとしては理想的な人数

バレンタインにちなんで選曲されたプログラムは愛の曲満載

1.愛の挨拶  エルガー
2.愛の悲しみ クライスラー
3.愛の香り  岩代太郎
4.冬の夜   文部省唱歌
5.「おんがくかいのよる」より 小林葉月
   №2、3、4
アンコール3曲

フルート、ピアノ、珍しいファゴットへのアンコールもあり

約1時間のミニコンサートにすっかり酔いしれました

いつまでも聴いていたいという思いに駆られるほど素敵でした

次回は4月か5月にムーンコンサート春バージョンを予定しています

なお今日の模様は長崎ケーブルメディアTVで19日に放送予定です

また長崎市南部地域情報誌「パワフル」でも紹介されます

c0072432_23371249.jpg

[PR]

by bluebluemoon21 | 2009-02-14 23:37 | 行事

移動販売の若者たち

c0072432_2342496.jpg


移動販売の若者たちが今長崎で話題になっている

ひとりはベスパで販売する「タルトヤヒュッケリ」の伊東さん

地元の雑誌「楽」でも大きく取り上げられて話題になった

このタルトとクッキーは素材からこだわり自然でほんとうに美味しい!

その彼が月の美術館に連れて来たのが島原の移動カフェ「フムカフェ

ランタンフェスティバルの期間だけ湊公園の斜め前ダイエーバス停に

素敵なお店を出している

さっそく行ってコーヒーとチャイを頂いたが雰囲気と共に美味しい!

長崎にはなかった新しい形のお店には街行く人も自然に足を止めている

オーナーの田浦さんは月のリズムにも興味を持ち

この一年を「月と暮らす手帖」で暮らしてみますとのことです

沈滞気味の長崎に若者たちの活気が嬉しいです

c0072432_23443647.jpg

[PR]

by bluebluemoon21 | 2009-02-06 23:42 | 出会い

三つのお話

c0072432_10577.jpg


月の美術館では毎日のように不思議で感動的なことが起こります。
すぐに書いておかなければ次の出来事で忘れそうになります。
少し長くなりますが三人の女性についてのお話と
その三つのお話に共通するものについてお話しします。

1.模写をしたい人
月の美術館の絵画教室に通っている女性から
「先生の絵を模写したいのですがかまいませんか?」と質問されました。
「もちろんかまいませんよ。これまでにも何人かいらっしゃいますし、
ボク自身嬉しいことです」とお答えしました。

2.赤いコートの人
それから二日後、赤いコートを着た素敵な女性が来館。
まずは「月と暮らす手帖」をお母さんと自分のためにと2冊購入されました。
月が好きと言われるように一枚一枚の作品をとても真剣に見つめていましたが
この絵はどうやって描いたのですか?」との質問に
「…すべての絵は天から降ってきます」とお答えすると
彼女の目から涙が溢れてきました。
しばらくして「気に入った絵がありましたか?」と尋ねると
「これまでたくさん心配をかけてきたので母に絵をプレゼントしたい…」
そして自分のためには別の絵が欲しいのだけれどお母さんのイメージの絵は
この絵ですと目の前の絵を…素敵なお話に感動しました。

3.アクセサリーの人
そして二日後
いつもは気にならないのに今日に限って
目の前の作品のお月様の横に不思議なひとつの光が青くまた赤く見えます。
よく見ると傍に下げているクリスタルのアクセサリーの光の映り込みでした。
絵画教室の生徒の皆さんからのプレゼントです。

閉館間近になってひとりの女性が来館されました。
先日絵画教室の生徒さんの友人として来られた方でした。
一冊の自作の本を月の美術館に置いて欲しいとの事でした。
その本にタイトルに「びわの木より愛をこめて」とありました。
その時出していたお茶はびわ茶でした。ボクと彼女は驚きましだが
単なる偶然ではないことを確信しました。
そのあとのお話の中で彼女がクリスタルのアクセサリーを作った人だと判りました。
彼女にも絵に映りこむ宝石のような光を見てもらいました。
きっと彼女が来ることを知らせるサインだったのだと思いました。
そして気に入ってくれた月の作品はその日彼女が身につけていた
腕輪のアクセサリーの色合いと同じピンクの月の絵と同じ色合いでした。

この三つのお話に共通しているものがあります。
それはピンクの月の絵「悠久」です。
そして三つのお話がわずか5日間の出来事なのです。

ひとつの絵に皆さんの気持ちが集中することは
これまでにも何度かありました。
何年も何もお話がなかった絵にある日続けて購入のお話があるのは
とても不思議なことですが
きっと何事も「とき」という波動がやってくるのでしょう。
それにしてもいろんなサインやドラマがあることにただ感謝!

c0072432_10551.jpg

[PR]

by bluebluemoon21 | 2009-02-03 01:02 | 出来事

人日の節句

c0072432_23475653.jpg


今日は月暦では一月七日「人日の節句」で本来の七草の節句でした

古代中国では人を占って、人を大切にする日でこの日死刑もなかった

そこから健康で長寿を願う七草粥を食べるようになったようです

月の美術館では月の会の例会を開き七草粥をいただきました

皆さん多忙で参加者は少なかったのですが

お話の内容は深く濃くなりました

今回驚いたのは七草の一つ一つの薬効でした

たとえばセリhには消化を助け、スズシロ(大根)は胃・神経痛に効果

ホトケノザは歯痛に効果、ナズナ(ペンペン草)には視力・内臓の働き

ハコベは歯ぐきの腫れ・利尿作用に効果などすべて薬効があるそうです

自然の力は偉大ですね~!
[PR]

by bluebluemoon21 | 2009-02-01 23:48 | 行事