豪雨の中の素敵な会話

c0072432_23234660.jpg


深い感動を残し大盛会だった志久洸介個展も閉幕し

今日から常設展になり日常の月の美術館に戻りました

常連さんや遠方からのお客様もいらっしゃいました

なかでも福岡から女子大生のKさんが来館

3年生になり就職活動などを始める時期、進路を決めるにあたって自分を見つめなおし

大好きな長崎でゆっくりして将来を考えたかったそうです

しかも昔から月が好きだったという

そんな彼女の「月光に包まれているとき月の光だけで生きていたい」とさえ思ったという

そんな言葉にこちらも感動します

まさにかぐや姫の再来!そんな気さえしました

月のお話から月の星座、生まれたときの月相を調べてあげて、

話題は自然と人の関係、月暦…など不思議な月のリズムに包まれているような時間でした

その間に外は豪雨になっていて

5時の閉館時間を15分ほどオーバーしたころやっと小雨に

Kさんが帰路の高速バスの中にいるころ再び豪雨

夜には雷雨になりましたが

将来を真剣に考えるKさんに若い頃不安ばかりだった自分自身を投影させていました

c0072432_2326337.jpg

[PR]

by bluebluemoon21 | 2007-02-08 23:24 | 出会い