人日の節句

c0072432_23475653.jpg


今日は月暦では一月七日「人日の節句」で本来の七草の節句でした

古代中国では人を占って、人を大切にする日でこの日死刑もなかった

そこから健康で長寿を願う七草粥を食べるようになったようです

月の美術館では月の会の例会を開き七草粥をいただきました

皆さん多忙で参加者は少なかったのですが

お話の内容は深く濃くなりました

今回驚いたのは七草の一つ一つの薬効でした

たとえばセリhには消化を助け、スズシロ(大根)は胃・神経痛に効果

ホトケノザは歯痛に効果、ナズナ(ペンペン草)には視力・内臓の働き

ハコベは歯ぐきの腫れ・利尿作用に効果などすべて薬効があるそうです

自然の力は偉大ですね~!
[PR]

by bluebluemoon21 | 2009-02-01 23:48 | 行事